見せたくない

見せたくない

最近売主さんから言われたセリフが面白いので書いておきます。

 

内覧の依頼をした時に売主さんから言われました。「そのお客さんはこの物件を見たら絶対に買うのですか?それならば見せます」。

 

そんなこと買主さんにとっては、物件を見なければ買うかどうかなんでわかるわけ・ないですよね。

 

何度も内覧に協力して、休みの予定もキャンセルして売りに出しているのに決まらない物件なのでしょう。気持ちはわかりますが、ますます売れなくなります。

 

「汚いから見せたくない」。

 

こう言って内覧を断る人もいます。

 

私から言わせてもらえば「売り出ししている期間くらいはきれいにしておいてください」ということです。

 

「この部屋は、年頃の娘の部屋なので見ないでください」と圭一守つ売主さんもいます。

 

別にたんすの中まで見るわけではありませんし、年頃の娘の部屋に興味があって見るわけでもありません。

 

買主さんは、広さ、明るさ、将来自分が買ったときどのような部屋にしようか、想像するために見るのです。

 

買主さんだって何千万円もの買い物ですから見ないと買いません!

 

書いていますが、売り出ししている期間くらいは整理整頓、いつお客様が見に来ても対応で何度もきるくらい準備をしておくべきなのです。家族にだって十分理解を求めておいてください。

 

特に子ども部屋が汚い、あまりにも荷物が多過ぎて暗い場合など、やはりイメージは良くありません。

 

内覧のチャンスは一瞬でなくなります。今日内覧を断ったお客様から、来週改めて見に来るということは、ほとんどありません。

 

建物を見ないで物件を買うというお客様も皆無です。

 

整理整頓なんて、お金をかけることではありませんし、大幅に値引きをするという話でもありません。

 

簡単なちょっとした心がけだけで十分効果的ですので、ぜひ実践することをお勧めします。

 
広告を出して宣伝して、ようやく見つけた買主です。簡単なことをしなかったばかりに、せっかくの売れるチャンスを逃してはいけません。

見せたくない 関連ページ

家族の協力も必要
以前年頃の娘さんのいる家庭の中古住宅の売却活動をしていた時ですが、内覧で買主さんを連れて物件を見ているとき、売 […]
問題点は先に解決すべき
不動産はいろいろな問題点も多く存在します。近所の問題もたくさんあります。   たとえばお隣さんとの境 […]
不要な荷物は整理しよう
どうせ引っ越すのです。   早めに不要な荷物は整理しておきましょう。   部屋が狭く見える […]
どうせ売るのだからという考え
築年数の古い物件に限らず、比較的新しい物件でも、汚い物件はたくさんあります。   聞くと、「どうせ売 […]
値下げしたのはただ適正価格になっただけ
「こんなに値下げしたのになぜ売れないの?」。このセリフも多く聞きます。   当初相場よりも高値で売り […]
まだ使えるものでも買主にとってはただのゴミ
「10年前にエアコン付けたんですけど、これは置いていきます」「物置も置いていきます」   「照明も使 […]
「1円でも高く売りたい」と「1円でも安く買いたい」
不動産営業マンが、売主さんに値下げ交渉をするのに「もうひと声」なんて言った話は前に述べましたが、売主さんだって […]
売主は良い所を強調するが貫主は欠点を見つける
売主さん、買主さんの聞に立ってこの業務をしていますが、はっきり言ってこの売主と買主のギャップを埋めることが仕事 […]