「1円でも高く売りたい」と「1円でも安く買いたい」

「1円でも高く売りたい」と「1円でも安く買いたい」

不動産営業マンが、売主さんに値下げ交渉をするのに「もうひと声」なんて言った話は前に述べましたが、売主さんだって同じことを言います。

 

売り出し価格を決めるときに、日はこの金額で行きましょうと合意したのに、「もうひと声」など売り出し価格を上げる売主さんもいました。

 

だからバナナの叩き売りではないのです。買主さんだって値下げ交渉を受けていたときに言われたこともあります。

 

不動産売買において効果的な言葉でしょうか?

 

その場のノリでは価格なんて決まらないのです。

 

頭では皆さんわかっていますよね。

 

経済活動をしていれば、売り手と買い手では「高く売りたい」「安く買いたい」とこの図式で成り立っています。

 

不動産だって同じなのに、なぜかそのことがわからなくなります。

 

それは、自分が売主になった経験がないからなのです。

 

最近は、インターネットなどのオークションで自分が売主になる経験も増えてきましたが、やはり自分が売主になった経験が少ないと、感覚的にこのことを理解していません。

 

ましてや大金が入るかどうかの瀬戸際です。

 

たった数パーセントでも100万円も余分に財布に入るかどうかの違いは大きいのですが、買主さんだって同じこと。

 

コツコツとマイホームを夢見て貯めた頭金です。大切に使いたいのは当然のこと。

 

どちらが正しいなんてことはありませんが、お互いを理解することが重要です。

 

別に、価格交渉が悪いとか高く売るのが悪いというわけではありません。

 

お互いこのギャップがあるのだということを、あらかじめ理解しておくことが重要なのです。

「1円でも高く売りたい」と「1円でも安く買いたい」 関連ページ

家族の協力も必要
以前年頃の娘さんのいる家庭の中古住宅の売却活動をしていた時ですが、内覧で買主さんを連れて物件を見ているとき、売 […]
問題点は先に解決すべき
不動産はいろいろな問題点も多く存在します。近所の問題もたくさんあります。   たとえばお隣さんとの境 […]
不要な荷物は整理しよう
どうせ引っ越すのです。   早めに不要な荷物は整理しておきましょう。   部屋が狭く見える […]
見せたくない
最近売主さんから言われたセリフが面白いので書いておきます。   内覧の依頼をした時に売主さんから言わ […]
どうせ売るのだからという考え
築年数の古い物件に限らず、比較的新しい物件でも、汚い物件はたくさんあります。   聞くと、「どうせ売 […]
値下げしたのはただ適正価格になっただけ
「こんなに値下げしたのになぜ売れないの?」。このセリフも多く聞きます。   当初相場よりも高値で売り […]
まだ使えるものでも買主にとってはただのゴミ
「10年前にエアコン付けたんですけど、これは置いていきます」「物置も置いていきます」   「照明も使 […]
売主は良い所を強調するが貫主は欠点を見つける
売主さん、買主さんの聞に立ってこの業務をしていますが、はっきり言ってこの売主と買主のギャップを埋めることが仕事 […]