土地のリスク

土地のリスク

「地質(地盤)調査」地質とは土地の性質のことで、土の中の性質に関しては、外から見えない部分です。

 

掘ってみないとわかりません。

 

人間でいえば、外見だけでは判断できない、いわば「性格」のようなものです。

 

「腹の中で何を考えているかわからない」と思う人には、積極的に近づきたいとはあまり思わないでしょう。

 

深く付き合うなら、腹を割って話をして、相手をよく知ったうえで付き合いたいと思う人は多いはずです。

 

不動産も同じです。

 

外からは見ることができない不動産の「土の中」に関して、買主が知りたいことは主に次の事柄です。

 

土地の中は最も「見えない」リスクです。

 

●地盤が強いか、軟弱地盤の場合、どれくらい弱いのか
●液状化が起こる可能性はあるか
●地下水が地下何mにあるか
●支持層(硬く頑丈な地盤や地層のこと)が、地下何mの深さに存在するか
●地質(砂、粘土層、ローム層など)の状況
●地中埋設物(コンクリートの塊や配管、井戸など)がないか
●土壌汚染の恐れがないか

 

これらの内容が「把握できる状況」で価格を決める場合と、「把握できない状況」で価格を決める場合とでは、どちらが強気な価格設定をできるでしょうか。

土地のリスク 関連ページ

不動産や周辺環境につ いての長所や魅力
不動産や周辺環境についての長所や魅力をしっかり伝えることです。   そのように聞くと、「買主も自分で […]
想定できるドラブルを知る
隣地や近隣住民との調整が難航することが少なくありません。   そして、これらの問題は「売値」に大きな […]
私道はトラブルが多い?
トラブルが多いのが「私道」です。   売却する土地が私道に接している場合、その土地の買主は接する私道 […]
境界・近隣関係
「境界・近隣関係」。   人間でいえば「親・兄弟・親戚との関係」のようなものです。   人 […]
土地の経歴を 調べる
これは人間でいえば、「経歴」のようなものです。   少し想像してほしいのですが、もしも会社の中途採用 […]