不動産や周辺環境につ いての長所や魅力

不動産や周辺環境につ いての長所や魅力

不動産や周辺環境についての長所や魅力をしっかり伝えることです。

 

そのように聞くと、「買主も自分で調べるだろうし、地図を見ればどこに何があるかわかる。わざわざ言わなくてもいいのではないか?」と思うかもしれません。

 

しかし、不動産に限らず、長所や魅力はしっかり伝えないと案外わからないものです。そして、その地域に長く住んでいるからこそわかる長所や魅力もあります。

 

よく、不動産の広告に、「OO駅800m(叩分)、OOスーパー500m(7分)、OOクリニック600m(8分)」などと記載されています。

 

それは住宅地図を見れば一目瞭然の情報です。しかし、その情報だけで、そこに住んでどんな生活が待っているのかイメージが湧くでしょうか。

 

物件に対する気持ちが高ぶるでしょうか。

 

もしも「住みやすさ」に関する長所や魅力について、次のような情報があればどうでしょうか。

 

「実際に近くに住んでいる人々がどこのスーパーが気に入って使っているのか、そのスーパーの何がいいのか」「どこの病院、クリニックが人気があるのか、なぜ人気があるのか」「日用品を買うにはどこの屈がいいのか、車で初分圏内だとどこの屈がいいのか、なぜいいのか」「食事の屈は和食、洋食、中華、麺類、それぞれどこの屈がおいしいのか、安くておいしい庖はどこか」「子供がいてもゆっくりできる屈はどこか、リピーターになれるようなおいしい庖おいしいケーキの屈はどこか、おいしいはどこか、和菓子の屈はどこか」「癒しのスポットはどこか、どこの公園がいいのか、子供を連れて行って喜ぶ人気スポットはどこか」。

 

こういった長所や魅力を「すごくいいよ」「とても住みやすいよ」と教えてもらえたら、それまでまったく興味がなかった地域でも、「住みやすくて、物価が安くて、緑があって、とてもいい所かもしれない」と興味を持つことになるかもしれません。

 

つまり、そこに住んだ時にどんな楽しい生活が待っているのかを鮮明にイメージしやすくなります。

 

しかし、一般的にはこのような「長所・魅力を伝える努力」をあまり行いません。

 

時間も労力も必要なので、大変です。

 

ですから、前述したように「OOスーパー500m(7分)」止まりの情報が開示されるに留まります。

 

それでも、長所や魅力を伝えることで得られる効果はかなり大きいのです。

 

そのため、長所・魅力は、しっかり仲介会社にヒアリングしてもらって、レポートにまとめ、買主にしっかり伝えてほしいものです。

 

しかし現実的に、売却依頼する仲介会社にこの作業を求めても、そこまで手間暇をかけてやってくれないかもしれません。売主の語る不動産の長所や魅力を聞いてくれてはしても、買主に伝えてくれないかもしれません。

 

紙にまとめてくれないかもしれません。

そんな時は、諦めた方がいいのでしょうか。

 

いや、そんなことはありません。その場合、少々大変かもしれませんが、売主が自ら長所・魅力をレポートにまとめるのがいいと思います。

 

不動産や周辺環境につ いての長所や魅力 関連ページ

想定できるドラブルを知る
隣地や近隣住民との調整が難航することが少なくありません。   そして、これらの問題は「売値」に大きな […]
私道はトラブルが多い?
トラブルが多いのが「私道」です。   売却する土地が私道に接している場合、その土地の買主は接する私道 […]
境界・近隣関係
「境界・近隣関係」。   人間でいえば「親・兄弟・親戚との関係」のようなものです。   人 […]
土地の経歴を 調べる
これは人間でいえば、「経歴」のようなものです。   少し想像してほしいのですが、もしも会社の中途採用 […]
土地のリスク
「地質(地盤)調査」地質とは土地の性質のことで、土の中の性質に関しては、外から見えない部分です。   […]