「専任契約」でも 仲介会社の責任が軽い

「専任契約」でも 仲介会社の責任が軽い

仲介会社との「専任契約」のルールも、客観的に見ておかしな慣習の1つです。

 

不動産の売却を依頼する際、売主と仲介会社との間で仲介業務に関する契約を結びます。

 

売却の依頼方法は、大きくは二般媒介」と「専任媒介」「専属専任媒介」に分かれます。

 

「一般媒介」では、複数の仲介会社に依頼することができます。

 

一方、「専任媒介」「専属専任媒介」では、ある一社に「専任」でお任せすることになります。

 

なお、「専任媒介」と「専属専任媒介」の違いは、売主が自分で買主を見つけた場合に、前者は仲介会社に手数料を払う必要がなく、後者はあります。

 

では、「一般媒介」と「専任媒介」「専属専任媒介」のどちらがよいのでしょうか。

 

仲介会社の立場からすれば、「専属専任媒介」では売主から確実に仲介手数料を得ることができます。

 

「専任媒介」と違い、売主が買主を自分で見つけた場合でも、買主から手数料を得られるためです。

 

ただ、売主が買主を自分で見つけることはあまり考えられないため、「専任契約でも欲しい」と考えます。

 

専任で任せるメリットが発生するのは、仲介会社のモチベ1シヨンが上がり、たくさんの買主に一生懸命営業活動を行い、高値の買主を見つけてくれる場合です。

 

「この会社にお任せしてよかった」となるでしょう。

 

しかし、一方で「釣った魚に餌をやらない」のように、専任で任せたにもかかわらず、期待したよりも一生懸命営業活動を行ってくれないこともあります。

 

売主にとって、仲介会社l社にすべてを任せてしまうのは非常にリスクが高いことでもあります。

 

なぜなら、l社単独で仲介を任せる以上、仲介会社にかかる責任は本来重くあるべきですが、宅建業界のルールでは、専任契約において仲介会社に課せられる責任は、意外なほどに軽いのです。

 

現状の宅建業界のルlルでは、専任媒介を受けた仲介会社は、最低限の義務として、全国の不動産仲介会社が見ている「レインズ」というシステムに物件を登録することと、定期的に売主に報告することだけが決められています。

 

つまり仲介会社は、レインズ(不動産流通機構)に物件を登録し、定期報告(専属専任媒介契約が2週間にI回、専任媒介契約が1週間にl回)を怠らず行いさえすれば、仮に売るための努力を十分していなくても、特にとがめられることはありません。

 

それでも、売主からすればもっと頑張って営業してほしいと思うのは当然です。

 

しかし、「レインズへの掲載を通して、買主を募っているだけ」だとしても、売主が仲介会社との契約を解除することは困難です。

 

また、売主の中には、「大手の仲介会社であればしっかり仕事してくれるだろう」と無条件に信頼してしまう人もいます。

 

しかし、大手の仲介会社とはいえ、注意も必要です。

 

大手には、売却の依頼が数多く集まります。

 

扱う件数が多くなれば、1件1件にかけられる時間や労力が限られてしまうこともあるのです。

 

売主にとって理想的な買主を探すのであれば、時間と労力をかけることが必要です。

 

「大手だから」「有名だから」という理由で仲介会社を選んでも、その担当者が売主の思いを積極的に汲み取ってくれるとは限らないのです。

 

「専任媒介」で仲介を任せる場合は、より高値で売るために、仲介会社が具体的にどんな戦略を立て、何をいつまでに、どのように行うのかを、納得できるまで具体的に提示してもらうことが重要です。

 

そのビジョンを持たない特定のl社に単独で売却を任せるのは、考え直した方が賢明かもしれません。

「専任契約」でも 仲介会社の責任が軽い 関連ページ

リスク情報を積極的に調べずに、 良くない情報を隠す
一般的に、人は良くない情報を隠そうとする傾向があります。   誰にでも、「よく思われたい」という気持 […]
簡易資料のみで 営業活動する
仲介会社が買主を募る場合、一般的には物件の情報を掲載した「物件概要書」や「住宅地図」、「公図」や「測量図」など […]
先着順で 買主が決まる
不動産を売却する場合、一般的には購入希望者の「先着順」で買主が決まります。   購入希望者のうち誰か […]
売り出し価格を 売主が決める
不動産を売る時には、売主がまず「売り出し価格」を決めて買主を募ります。   買主はそれをもとに検討し […]
売却にあたって どんなリスクがあるのか?
売却の際には、売主と買主との間で契約条件を決めます。     しかし、それがどのような意味 […]
本当に一番高値で売れたのか? もっと良い買主は他にいなかったのか?
売主としては、自分たちが売った価格がご番高値だった」と信じたいものです。     &nbs […]
家を高く売るためには どうすればよいのか?
家は、一体何をすれば高く売れるのでしょうか。     どうやって価値を高めるのか、誰に向け […]
どのような営業活動を行い、誰がどのくらい購入を検討したのか?
売却を依頼された仲介会社は、営業活動を通じて不動産を売る相手を探します。     買主が見 […]
家を売るときの価格や条件は妥当なのか?
まず、「価格の妥当性がよくわからない」という人は多いでしょう。   不動産売却を依頼した不動産仲介会 […]