売却にあたって どんなリスクがあるのか?

売却にあたって どんなリスクがあるのか?

売却の際には、売主と買主との間で契約条件を決めます。

 

 

しかし、それがどのような意味を持ち、売主の側にはどのようなリスクがあるのか、またリスクがある場合はどの程度のリスクなのかを知らないまま契約を結ぶ売主は、意外と多いのです。

 
不動産売却には、「様々なリスク」がつきものです。そのlつに「見えない暇庇」の問題があります。

 
「暇庇」とは、問題や欠陥を指します。

 

 

 

不動産の「見えない暇肱」とは、多くの場合外からは見えない、土の中や建物の構造上の問題や欠陥です。

 
買主にとっては、購入時に外から見るだけでは欠陥を見つけることは難しいでしょう。

 

 

 

そうした場合に備えて、買主は売主に「暇庇担保責任」を追求することができます。

 

 

 

購入後に見えない暇庇が見つかった場合、買主は売主に対して損害賠償を請求することができるのです。

 
ここで注意しておきたいのは、たとえ売主側が「見えない暇庇」に気づいていなかった場合でも、売主は買主に対して暇航担保責任を負わなければならないということです。

 
過去の地裁や高裁、最高裁の判例を見ても、買主が後に購入した不動産の問題や欠陥を見つけて、売主が損害賠償に応じている事例は多々あります。裁判にまで発展しなくても、売主と買主で後々係争になった事例も多くあります。

 

 

 

売主は「知らなかった」では済まされないのです。

 

 

 

トラブルは誰もが嫌なものです。

 

 

 

しっかり対策をしていなければ、トラブルになることがあります。

 

 

不動産売却は、このようなわからないことだらけの中で、売主は大きな決断を迫られることになるのです。

売却にあたって どんなリスクがあるのか? 関連ページ

リスク情報を積極的に調べずに、 良くない情報を隠す
一般的に、人は良くない情報を隠そうとする傾向があります。   誰にでも、「よく思われたい」という気持 […]
「専任契約」でも 仲介会社の責任が軽い
仲介会社との「専任契約」のルールも、客観的に見ておかしな慣習の1つです。   不動産の売却を依頼する […]
簡易資料のみで 営業活動する
仲介会社が買主を募る場合、一般的には物件の情報を掲載した「物件概要書」や「住宅地図」、「公図」や「測量図」など […]
先着順で 買主が決まる
不動産を売却する場合、一般的には購入希望者の「先着順」で買主が決まります。   購入希望者のうち誰か […]
売り出し価格を 売主が決める
不動産を売る時には、売主がまず「売り出し価格」を決めて買主を募ります。   買主はそれをもとに検討し […]
本当に一番高値で売れたのか? もっと良い買主は他にいなかったのか?
売主としては、自分たちが売った価格がご番高値だった」と信じたいものです。     &nbs […]
家を高く売るためには どうすればよいのか?
家は、一体何をすれば高く売れるのでしょうか。     どうやって価値を高めるのか、誰に向け […]
どのような営業活動を行い、誰がどのくらい購入を検討したのか?
売却を依頼された仲介会社は、営業活動を通じて不動産を売る相手を探します。     買主が見 […]
家を売るときの価格や条件は妥当なのか?
まず、「価格の妥当性がよくわからない」という人は多いでしょう。   不動産売却を依頼した不動産仲介会 […]