家を売るなら今すぐ無料査定をしなければ損をします

*

Cool Theme Ver.7.5 特別版

不動産を売却をお考えの方へ

家を売るときの流れ

宅地建物取引業者(不動産業者)に仲介を頼み、不動産を売却する場合の手続きの流れと注意点をまとめてみました。

1.査定を専門家に依頼をする
家を売る以上は商品となります。そこで、価格をいくらにするかを決定しなければなりません。不動産鑑定士に依頼したり、不動産業者依頼して決定することになります。複数の不動産会社に依頼することをおすすめします。

2.不動産業者と媒介(代理)契約する
不動産売却の仲介を不動産業者に依頼する場合は、業者と媒介契約を締結します。また、業者を売却の代理人とするなら、代理契約を締結します。媒介契約も代理契約もそれぞれ「一般」「専任」「専属」の3種類があります。

3.届出等が必要かどうかを確認する
国土法や辺地法等で、一定面積以上の土地取引をする場合は、都道府県知事等への届出や許可が必要な場合があります。取引が大規模な場合は気をつけなければなりません。

4.重要事項説明をする
売却する物件に関する情報の開示とでもいうべきことです。なかでもその物件に般抗(傷、トラブル)がある場合は、重要事項説明書に記載しておかなければ、後で鍛害賠償詰求や、契約の解除をされることもあります。

5.売買契約を締結する
宅地建物取引業者が扱う場合、宅地建物の売買の場合は、まず、4の重要項説明書を交付して、その内容を説明しなければなりません。必ず契約書の作成と交付が義務づけられています。そして、契約在には宅地建物取引主任者の記名・押印が必要です。売主はここでは登記簿謄本(登記事項説明書)実印、印鑑証明書などの用意を忘れずに。

6.抵当権等が設定されていれば抵当権を抹消する
買主が、抵当権付きの不動産であることを了承している場合には、問題ありませんが、そうでない場合には、その後、売主が安任を追及されることがあります。このほか、根抵当相、貨借権、質権なとの担保物件、仮登記あるいは仮差抑えなどが付いている場合も、これらを抹消しておく必要があるでしょう。

7.残代金を受取、引渡し・所有権移転登記をする
残金の支払いを受け、引波しをし、移転登記が済んだら手続きは終了です。通常、代金の支払いと所有権移転登記のための笠記済証(登記識別情報)・印鑑証明書委任状と不動産引波証や鍵なとの授受は同時引替えにします。

手順はわかってもなんだかややこしくないですか?

不動産の取引を行う場合は、高額なものであるだけに、トラブルの発生を防ぐためにさまざま法的規制があります。

やはり不動産取引の専門家に依頼するのがよいでしょう。

一般に、売主はできるだけ高値で売りたいと思うものです。

とくに、バブル期の物件を売る場合には、できるだけ下落
幅を押さえたいと思うでしょう。

しかし、そのために抵当権が設定されていたり、家屋に損傷があることを黙って売りつけることはできません。

必ず契約前の段階で、買主に対して、その物件に関する重要な情報は与えなければなりません。

依頼した業者に対して、正直に申し出ることです。

どこの不動産業者に依頼するかが本当に大切なので、複数の業者に見積もりをとって判断しましょう。

もちろん、値段だけでなく、信頼性もです。


日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」

第1位

【日本最大級】複数業者に一括無料査定

カービュー
日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」の特徴
  • 入力はわずか60秒。
  • 大手から地域密着型まで口コミ人気の1000社が加盟。
  • 最初から最後まで一切費用は0円。もちろん査定にかかる費用も無料。
  • 利用者数はすでに150万人を超えており国内最多の安心サービ
公式サイトはこちら